2021.07.13
P7130013
 いつものウォーキングコースに杉登川(すぎのぼりがわ)がある。川といっても側溝のようなもので今では蓋がされて歩道になっている。杉登川には伝説があって説明板が立てられいる。今日はここが出発点だ。
P7130001
 桜の聖母学院中・高等学校の前を通り、野田町集会所を過ぎると庭坂街道(八島田街道・県道310号庭坂福島線)の交差点に出る。ここに「立石権現」がある。立石の碑とも言われ、説明書きには「幕府が各地に遣わした名僧が、当地に立ち寄り、『無病息災・家内安全・五穀豊穣』などを祈願して刻んだといわれ、村人たちは代々それを信仰し供養してきた」とされている。今でも花が供えられ地元の人たちから大切にされている。
P7130005
 庭坂街道を横切ると次に細い裏道が出てくる。普段は何気なしに歩いている裏道だが、これが旧米沢街道だ。今ではヨークタウン野田と福島製作所で寸断されているが曽根田踏切を通り飯坂街道(旧国道13号)へと繋がっている。すぐに奥羽本線の踏切にぶつかる。新幹線も横切る八田(やた)踏切だ。
P7130014
 グッとタイミング。E3系の「つばさ140号」が踏切を通過した。400系で開業した山形新幹線は今ではE3系に。2024年からはE8系が投入されるという。踏切を渡って「ふたつやま公園」をひとまわり。
P7130026
 公園内を散策してから八田神社に寄ってみた。年神様のお札は我が家では八田神社(やたじんじゃ)にお願いしている。八田神社は八天さまと呼ばれ、旧八島田村の産土神(うぶすながみ)「鎮守さま」として人々から親しまれ信仰されてきた。住所は福島市野田町八天、私の家の近くに三河稲荷神社があるのだが、野田町は旧野田村(上野寺村、下野寺村、笹木野村、八島田村が合併したもの)が福島市に合併したもので氏神神社は八田神社になるのだ。
P7130034
八田神社の説明板
P7130031
 八田神社から森合運動公園の多目的広場を通り、旧福島機関区跡の分譲地を通り奥羽本線の跨線橋へと移動する。跨線橋に上がると「つばさ137号」が新幹線ホームから下りてきた。八田踏切で上りの「つばさ」を見て、跨線橋で下りの「つぱさ」が見られるなんて、今日は何か良いことがありそうだ。
P7130045
 跨線橋を渡って裏道の旧米沢街道を通り、ヨークタウン野田のダイソーに寄って買い物をしてから自宅に戻った。今日の歩数は約7,000歩。