P1220073
 会のメンバーが湯の平でテント泊の宿泊訓練をすると言う。冬山での宿泊となるとテントの設営、風よけのブロック構築、ガソリンコンロの扱いや水の作り方など覚えることはたくさんある。実地でのビーコン捜索訓練もあるし、やることは盛りだくさんだ。それでも山での泊は楽しいので参加したいところだがストーマ生活ではテント泊は難しい。精々サポートが良いところだ。サポートと言ったって荷上げが出来るわけでも無いので何の役にも立たない。せいぜい先行してトレースを付けることぐらいかな。

<山行期間> 2022年1月22日(土) 
<コースタイム>
高湯温泉共同駐車場・高原荘前(8:43)→高湯ゲート(9:02)→スカイライン横断(10:02,10:08)
→水飲み場(10:15)→賽の河原(11:02,11:10)→山鳥山(11:20)→湯の平(11:39,12:25)→山鳥山(12:35)→吾妻スキー場跡ゲレンデトップ(12:46)→高湯ゲート(13:14)→駐車場・高原荘前(13:21)
<メンバー>
L和○、中○田、都○、阿○、半○

高原荘前の高湯温泉共同駐車場に車を止めて歩きだす
P1220001
白樺荘は営業を休止しているので未除雪の道路を歩かせてもらう
P1220003
雪に埋もれた白樺荘
P1220004
スカイラインの高湯ゲート
P1220005
 高原荘前の高湯温泉共同駐車場に車を止め白樺荘とログキャビンステラポートユースホステルへと続く未除雪の道路を歩く。砂防ダムの工事をしていないときであれば高湯ゲートの前にも駐めることはできるが、泊まりの時は除雪の邪魔にならないよう下の駐車場に駐めることにしている。なお、コロナ禍の影響もあり高原荘は廃業、白樺荘は閉鎖して営業していない。
 未除雪の道路を歩き白樺荘への道を進むと高湯ゲートに出る。1週間前には除雪されていたスカイラインは今週は工事が無かったのか雪は積もったまま。登山届けのある夏道へと足を踏み入れると単独と思われる先行者のトレースが付いていた。これではサポートのお役は無しだが帰りの吾妻スキー場跡の積雪状態の確認もあるので予定通り行動することに。

登山届けのある夏道入口
P1220008
先行者のトレースを追って登る
P1220009
工事中の砂防ダムは雪に覆われていた
P1220013
樹林帯なので風も無く穏やか
P1220015
高湯から家形ヒュッテへの古い標識(家形ヒュッテがあったのは50年以上前)
P1220017
スカイライン横断地点でひと休み
P1220019
水飲み場を通過
P1220022
賽の河原の標識
P1220024
山鳥山の冬期分岐点
P1220027
今日の目的地「湯の平」
P1220035
 夏道沿いに登りスカイライン横断地点でひと休み。2週間前と比較して積雪量はだいぶ増えた。水飲み場は通過し不動沢からの夏道を合わせたら窪地からショートカットして登山道に上がり賽の河原を目指す。泊まり装備を背負った合宿組はまだまだ追ってこないが、単独と思われる先行者にも追いつくことが出来ない。一人ラッセルなのだから何処かで追いついても良いだろうと思ったが目的地の湯の平までついに出会うことは無かった。若い人だろうかすごい体力の持ち主のようだ。
 賽の河原で再び休憩したら、山鳥山から湯の平までは平坦地の歩きになる。樹林の中なので風が強いときなどの練習コースとしては最適だ。湯の平には11時39分に到着、後続を待って昼食休憩を取ることにした。食事が終わる頃に泊まり組のメンバーが到着、テン場適地を見つけてから休憩のようだ。私たちはこの先に進むかどうか迷ったが、山スキー今シーズン初めてのメンバーもいるので下山することにした。

今シーズンなかなか山に入れなかった中○田さんが先行する
P1220037
吾妻スキー場跡ゲレンデトップから福島市街が見下ろせる
P1220042
積雪も増え、灌木はあるものの滑るに支障は無い
P1220046
都○さんも気持ちよさそうに降りてくる
P1220050
快適な滑りが続く
P1220057
阿○くんの豪快な滑り
P1220073
白樺ゲレンデへの連絡路
P1220075
廃業して久しいがリフト設備はそのまま残されている
P1220076
白樺ゲレンデ跡を滑る
P1220083
廃墟となった白樺ロッジから湯花沢ゲレンデ跡に滑り込む
P1220086
湯花沢ゲレンデ跡の途中からスカイラインに出る
P1220089
未除雪の道路を推進滑降でゲートへ向かう
P1220091
高湯ゲート、車は単独の先行者の方のだろうか
P1220092
白樺荘へと滑り込む
P1220095
車を置いてきた高原前の駐車場に戻った
P1220102
 中○田さんが最初に滑り出す。スキーが滑ってくれるのは最初だけで山鳥山まではほぼレベルなので推進滑降となる。山鳥山からトップを交代して吾妻スキー場跡へと向かう。適当に赤布と緑布が付けられているので注意すればコースを外すことは無い。スキー場跡までは10分ほど。展望が利くゲレンデトップに立つと福島市街が良く見える。
 いよいよ滑降開始だ。灌木が伸びて木々になりつつあるが今年は積雪量も豊富で滑るに支障は無い。快適に石楠花第2、第1ゲレンデと滑り降り、連絡路から白樺ゲレンデに入ると年末の藪ゲレンデとは異なり快適に滑ることが出来た。廃墟となった白樺ロッジの脇を抜け湯花沢ゲレンデを滑って途中からスカイラインに上がる。高湯ゲートまでは推進滑降になるが雪も軽くまずまず滑ってくれた。
 ゲートから白樺荘への道に入ると登りのトレースもあるので良く滑ってくれる。高原荘前の駐車場まではあっと言う間である。予定よりだいぶ早く降りてしまったが、今シーズン初スキーのメンバーもいるので足慣らしにはちょうど良かったかもしれない。

<GPSトラック>
湯の平