P6020113
 家内が登山靴を新調した。それではと早速足慣らしのため磐梯山に行ってみることに。夕方から雷予想なので、その前に樹林帯まで下りたいところだ。

<山名> 磐梯山(ばんだいさん)1816.2m三等三角点峰
<山行期間> 2022年6月2日 (木)
<コースタイム>
八方台(9:25)→中ノ湯跡(9:54)→休憩・標高1420m(10:24,10:29)→弘法清水(11:18)→磐梯山(11:54,12:23)→弘法清水(12:47)→お花畑→休憩・標高1420m(13:44,13:53)→中ノ湯跡(14:20)→八方台(14:50)
<メンバー>
L和○、和よ

 平日とあって八方台の駐車場は比較的閑散としている。身支度をし、登山者カードを提出して歩き始める。登山道はブナの新緑に囲まれて気持ちが良い。廃墟となった中ノ湯までは幅の広い道で、途中にはツクバネソウやエンレイソウ、サンカヨウ、オオカメノキなどが出てきて飽きることが無い。左に目をやると木々の間から丸山のピークが見える。正面に磐梯山の山頂部が見えると中ノ湯に到着である。

八方台駐車場の休憩所
P6020001
道路を横切って登山口へ
P6020003
ブナの新緑に囲まれて気持ちが良い
P6020005
ツクバネソウ
P6020007
エンレイソウ
P6020010
木々の間から丸山が見える
P6020008
オオカメノキ
P6020011
サンカヨウ
P6020013
山頂部が見えてきた
P6020016
廃墟となった中ノ湯
P6020019
 中ノ湯の右側から湿原を通り階段を登ると裏磐梯スキー場から銅沼を通って登ってくる登山道と合わさる。いよいよ本格的な磐梯山への登りになる。とは言っても途中トラバースする部分もあって八方台からのコースは磐梯山を登るには一番近くて時間もかからないし楽なルートだ。

湿原は木道になっている
P6020020
木の階段を登る
P6020021
すぐに裏磐梯スキー場からの道を合わせる
P6020022
マイズルソウ
P6020027
チゴユリ
P6020030
休憩場所から桧原湖が見える
P6020040
ムラサキヤシオツツジP6020041
 登山道の脇にはマイズルソウやチゴユリ、ムラサキヤシオツツジなどが出てくる。登山道がトラバースする手前に休憩ポイントがあるのでひと休み。弘法清水まで1.1kmの地点だ。家内と一緒なので、ゆっくりと歩いてここまでちょうど1時間だった。

朽ち果てた標識
P6020043
コミヤマカタバミ
P6020058
スミレ
P6020061
お花畑の分岐まで来ると弘法清水はもうすぐ
P6020067
弘法清水、手が痛くなるほど冷たい
P6020068
弘法清水の売店
P6020070
 トラバース道を進んだらお花畑の分岐まで登りが続く。途中にあまり見たことの無い小さな花が咲いていた。後で図鑑を調べてみたらコミヤマカタバミのようだ。花の名前は詳しくないので、その場で名前の出てくる花は少なく、まずは写真を撮って後でゆっくり調べることにしている。それでも葉の形、花弁の数や雄しべ、雌しべなど調べれば調べるほど確信が持てなくなってしまう。花の名前を特定するのは本当に難しい。
 お花畑の分岐から右に進むと弘法清水だ。手で水をすくうと痛くなるほどに冷たい。一口含んでから山頂への最後の登りにかかことに。道端にエゾヘビイチゴのような花が咲いていた。花弁の数からするとノウコウイチゴかもしれない。

葉の形からするとノウコウイチゴかな?
P6020073
コンロンソウ?
P6020075
山頂に向かって最後の登りにかかる
P6020077
桧原湖が見下ろせる
P6020079
ミネザクラ
P6020089
ちょうど見頃
P6020091
ミヤマキンバイ
P6020097
イワカガミ
P6020104
ミヤマキンバイがいたる所に咲く
P6020107
山頂にあるのは三等三角点
P6020111
山頂の祠、磐梯明神
P6020113
猪苗代湖、手前は水が張られた田圃
P6020115
山頂にある小屋(売店)の前で休む登山者
P6020116
 少し高度を上げると桧原湖が見下ろせるようになる。天気は良く空には夏雲がわいている。このまま天気が持ってほしいところだ。ミネザクラが出てきた。花も大きくて下から見上げると空の青がバックになってとても綺麗だ。磐梯山東面が見えると山頂も近い。山頂にはお昼少し前に着いた。磐梯山の三角点は崩落により長い間亡失のままだったが2010年に新しく設置された。山頂部にはミヤマキンバイが咲き、頂点に立つと360度の大パノラマが楽しめる。猪苗代湖と手前に水の張られた田圃が一体化して裾の全体が大きな湖のように見える。今の時期でないと見られない光景だ。山頂でノンビリとお昼ご飯を食べてから下山を開始した。

下山を開始する
P6020119
弘法清水からお花畑を廻って八方台へ戻ることに
P6020124
お花畑
P6020130
ここにもミヤマキンバイが群生する
P6020136
桧原湖、手前が銅沼(あかぬま)
P6020139
ミツバオウレン
P6020143
 弘法清水まで下ってから一旦櫛ヶ峰方面へ向かってお花畑に寄ってみた。お花畑は季節によって様々な植物が花を付ける。今の時期はミヤマキンバイが群生し幅を利かせている。ミツバオウレンも咲いていた。

ヒメイチゲ?
P6020146
コケリンドウ
P6020156
祠まで下ってくると登山口は近い
P6020166
八方台登山口にある登山者カード入れ
P6020168
 花に見とれていると時間は刻々と過ぎていく。花が出て来るたびに写真を撮り、何の花だか詮索しながら歩いているので参考になるコースタイムではない。下りも八王子から一人でいらっしゃった方とお話ししながらノンビリと歩いて14時50分に八方台に戻った。

<GPSトラック>  往路=赤 復路=青
磐梯山