PB260029
<山名> 鬼面山(きめんざん)1481.8m三等三角点峰
<山行期間> 2023年11月23日(日) 
<天候> 晴れ
<コースタイム>
野地温泉(10:15)→旧土湯峠(10:35)→鬼面山(10:26,10:29)→旧土湯峠(11:55)→野地温泉(12:10) 
<メンバー> 和○(単独)

 天元台では昨日しゃくなげゲレンデがオープンし滑ることが出来たというのに福島にはさっぱり雪が降ってくれない。近場の積雪状態を確認しながら歩ければと思ってパイロットから通行止めの県道分岐(標高720m)までいってみた。なんと雪は全くない。山行管理の柏○さんに連絡して野地温泉(1,170m)から鬼面山へのスノーハイクに切り替えることにした。野地温泉までの道路は一部路面凍結していたものの積雪も一部で問題無く行くことが出来た。車は野地温泉の駐車場に止めさせてもらった。野地温泉では登山者の駐車については快く受けてくれるのでフロントに一声掛けると良い。万一のために名前と車両番号、携帯番号を記入する。

野地温泉の駐車場に車を止めさせてもらい登り始める
PB260001
登山口
PB260003
雪は1~2センチほど薄らと載った状態
PB260006
送電線鉄塔が見えてきた
PB260007
登山道の旧土湯峠
PB260008
左がこれから向かう鬼面山、右に見えるのが箕輪山
PB260012
途中にある標識(昔福島市が立てたもの)
PB260019
天気も良く福島市街地が見える
PB260021
右から高山、東吾妻山、中吾妻山、左奥に見えるのが西大巓
PB260023
振り返ると磐梯山が見える
PB260024
 登山道の積雪は1~2センチ程度で、鈴○さんから天元台は雪質も良く気持ちよく滑ることが出来たと聞いていたので、この雪の少なさにがっかり。やっぱり山形県は凄いなと感心するばかりだ。旧土湯峠まではほんのひと登り。送電線下の管理道も道形がはっきりわかり、今の時期だと管理道の方が早く峠まで登ってこれそうだ。風も無く日差しもあり少し汗ばむ。周りの木々には霧氷が残っていてなかなか感じが良い。振り返ると磐梯山が綺麗に見える。 

木々は霧氷で覆われていた
PB260025
鬼面山の山頂標識
PB260029
山頂の三等三角点(点名:鬼面山)
PB260030
山頂から見る磐梯山
PB260033
一番高いのが日光白根山のはずなのだが、あまにも遠くて山座同定が難しい
PB260034
 途中で同じ会の遠○さんとスライドしたので、しばし立ち話。鬼面山には10時26分に到着。天気も良く最高の眺めだ。遠○さんが日光白根山まで見えたと言ってたが、あまりにも距離がありすぎて、私にはどれが日光白根山かわからずに山座同定できなかった。
 三角点を確認してから下山を開始する。下りは一部雪が融け地面が出てきたところもあるが、ほぼ雪の上を歩く感じで野地温泉に戻ることができた。今週末も寒気が入るというので何とか降雪に期待したいところだ。

<GPSトラック>  往路=赤 復路=青   鬼面山